見たい、読みたいアメリカン・スナイパー

映画・音楽・読書

いや~、不勉強で知りませんでした。何をって?この本の作者クリス・カイルさんです。

この人は

狙撃手として敵軍の戦闘員160名を殺害。これは米軍史上、狙撃成功の最高記録であり、イラク軍や武装勢力からは「ラマディの悪魔」と恐れられた。軍功によりふたつの銀星(シルヴァースター)章を始め20以上の受勲に輝いている

人だそうです。

とは言え、実はクリス・カイル氏は最近亡くなりました。2013年、戦争帰還兵でPTSDを患う犯人に殺されてしまったのです。
氏は自身の経験も踏まえ、戦場から帰ってきてPTSDに苦しむ人のために尽力されていたとのこと。惜しい人を失いました。

映画はかなりやばいグロシーンがあるらしいので見るか悩むところです。
しかし、多くの人を殺すことで戦争の英雄となる皮肉と、自国の為を思い戦場で戦った人々が、PTSDに悩まされるという戦争のこれまで語られてこなかった世界が垣間見て考えさせられる作品だと思います。

もし「なにか読もうかな」とお考えなら是非検討してみてくださいませ。

除隊後は、軍や法執行機関の隊員に軍事訓練を行う民間軍事会社「クラフト・インターナショナル社」を立ち上げた。また、講演、執筆活動を行い、戦闘体験を綴った回想録「ネイビー・シールズ最強の狙撃手(原題、American Sniper)」は、後にベストセラーになった。一方、こうして得た資金の一部を元に、PTSDに悩む帰還兵、退役兵のためのNPO団体「FITCO Cares Foundation」を設立。社会復帰に向けた支援活動に取り組んでいた。著作の中でも帰還兵の多くがPTSDなどにより社会復帰出来ずにいることと、社会がそのことに無関心でいることに対して嘆いており、余暇のほとんどをそうした慈善事業に当てていた。両目を失明して除隊した親友のライアンとは交友を続けていたが、ある日ライアンに「星条旗の見える所に連れて行ってくれ」と頼まれたカイルは、「ゴミ箱の前に連れて行かれても分からんぞ」とからかいながら車椅子を押して星条旗の見える場所に連れていった。するとライアンは目が見えないにもかかわらず半時間もずっと星条旗の方を眺めていたという。それからしばらくしてカイルはライアンが病状の悪化で死んだという知らせを聞くこととなった。ライアンの娘が生まれる直前の出来事であった。なお、イラクで戦死したマーク・リーのバディであったロブ・グッゾも2013年にPTSDで自殺している。(ウィキペディアより)

コメント

タイトルとURLをコピーしました